MENU

PGCD製品をドラッグストアや薬局などの店舗で販売してるか調査しました

話題のPGCD製品は、マツモトキヨシなどのドラッグストアや薬局で販売されているか調べてみました。

 

やはり近所のドラッグストアで買えるなら送料などもないし、すぐに手に入りますから便利です。

 

実際に調べてきたドラッグストアですが

 

●マツモトキヨシ
●ツルハドラッグ
●ダルマ薬局
になります。

 

まずマツモトキヨシに行きPGCD製品を石鹸やシャンプーなど売り場で、くまなく探しましたが見つかりません。

 

一応、店員さんにも尋ねると

 

「こちらは取り扱いしてません」

 

とのことで、取り扱い予定もないとのことでした。

 

どのドラッグストアでも店頭にはなく店員さんに尋ねても同じ結果でした。

 

店頭では残念ながらPGCD製品を買うことは出来ませんでしたが、駐車場でオンラインストアなら売ってるかな?

 

とひらめいたので、マツモトキヨシから調べてみたのです。

 

結果ですが【取り扱いしていません】となっています。

 

どのドラッグストアのオンラインショップでも同じ結果に終わりました。

 

オンラインにもなかったので、地元だけではなく全国で同じ結果でしょう。

 

まとめますとPGCD製品は、マツモトキヨシやツルハドラッグなどのドラッグストア店舗では、残念ながら販売してないことが分かりました。

 

→PGCDの製品を購入できる公式サイトはこちら

 

PGCDの石鹸の成分について、今回は調べてみました

PGCDの各石鹸の成分は以下の通りです。

 

・サボンクレール
エーデルワイス、ブクリョウタケエキス多糖体、ナツメ種子エキス、プロバンジオール、ブドウエキスなどの成分が含まれます。

 

それぞれが紫外線に対して効果があったりなど、肌に対してよい効果があります。
これらの成分によりサボンクレールは就寝中に体からでた汚れを落とします。
また、日中の脂を抑え肌が乾燥しないようしてくれます。

 

仕事で人に会うときなどに顔がテカっていないか気にしなくていいのはいいですよね。
朝の洗顔のために作られた石鹸です。

 

・サボンフォンセ
オリーブオイル、グリーンクレイ、ガンコウラン果汁、レモン果皮エキスなどの成分が含まれます。

 

肌に栄養を与えたり血行をよくするなどなど、美肌にするための効果があります。
一日の生活での汚れや、メイクで負った肌のダメージを回復させます。
それだけでなく肌の若返り、つまりターンオーバーを整えます。

 

これで肌の状態を良くして、明日からも頑張りましょう。
夜の洗顔のために作られた石鹸です。

 

まとめ
これらのPGCDの石鹸は朝、夜と使うことにより効果があります。
サボンクレールは一日の生活で効果がある石鹸で、サボンフォンセは肌の状態を回復させます。
この二つを上手く使いしっかりとスキンケアしましょう。
どちらともアロマのような香りがあるので、一日をすっきりしておくれます。

 

→もっとPGCD石鹸の成分について知りたい人はこちら

 

調査してみると…。

敏感肌といいますのは、「肌の乾燥」とは切っても切れない関係です。表皮の水分が少なくなると、刺激をブロックするいわゆる、お肌全体の防護壁が役立つことができなくなると思われるのです。
ご飯を摂ることが好きでたまらない人であるとか、一気に多量に食べてしまう人は、できる限り食事の量を抑えるようにすると、美肌を手に入れられるでしょう。
広範囲に及ぶシミは、あなたにとっても頭を悩ましますよね。何とか解消するには、それぞれのシミに合わせた手を打つことが欠かせません。
調査してみると、乾燥肌状態の人は思っている以上に多くいるとの報告があり、年代別には、40代までの若い人に、そういった風潮があると発表されているようです。
アトピーをお持ちの方は、肌を傷めるリスクのある成分が混入されていない無添加・無着色は当然のこととして、香料でアレンジしていないボディソープを購入することが必須です。

睡眠時間中で、肌の新陳代謝がより盛んになりますのは、午後10時ごろ〜午前2時ごろまでということが常識となっています。そのことから、この4時間に床に入っていないと、肌荒れを誘発します。
なくてはならない皮脂をキープしながら、不要物のみを除去するというような、適切な洗顔を心掛けてください。そこを守っていれば、悩ましい肌トラブルも鎮めることが可能です。
しわを取り除くスキンケアにつきまして、なくてはならない役目を果たすのが基礎化粧品になります。しわへのケアで重要なことは、何と言いましても「保湿」アンド「安全性」ですよね。
人のお肌には、一般的には健康をキープする仕組が備えられています。スキンケアの根本は、肌が有している働きを限界まで発揮させることだと断言できます。
睡眠時間が足りていない状況だと、血流自体が悪くなるので、いつも通りの栄養素が肌から見れば不足状態になり肌の免疫力が無くなり、ニキビが生まれてきやすくなると言われました。

皮脂が見られる部位に、必要以上にオイルクレンジングの油分をプラスするような形になると、ニキビが出やすくなるのは間違いないし、発症しているニキビの状態も悪くなると言えます。
はっきり申し上げて、しわを消し去ることができないと断言します。だと言いましても、全体的に少数にするのは難しくはありません。これについては、デイリーのしわへのケアで現実のものになります。
ストレスに見舞われると、交感神経と副交感神経がアンバランスとなって、男性ホルモンに悪い影響を及ぼすことで皮脂も多量に出るようになり、ニキビに見舞われやすい体質になるわけです。
パウダーファンデーションであっても、美容成分を入れている製品が目立つようになったので、保湿成分を混ぜているアイテムを選定すれば、乾燥肌トラブルで心配している方も喜べるのでは?
敏感肌になってしまうのは、「肌の乾燥」と密接な関係にあります。表皮全体の水分が減少すると、刺激を受けないように働く肌のバリアが働かなくなる危険性を否定できなくなるのです。

ホルモンのアンバランスや肌にハリがなくなったことによる毛穴のトラブルを修復したいのなら…。

乾燥肌に関して困窮している人が、昨今とっても多いそうです。なんだかんだと試しても、全く満足いく結果は得られず、スキンケアでお肌にタッチすることが心配で仕方がないという感じの方も少なくありません。
力を入れ過ぎた洗顔や正しくない洗顔は、角質層を傷付け、敏感肌だったり脂性肌、加えてシミなど諸々のトラブルを引き起こします。
乾燥肌向けのスキンケアで何と言っても心得ておいてほしいのは、皮膚の最上部をカバーする役目をする、高々0.02mm角質層のケアをしっかりして、水分を確実にキープすることでしょう。
どこの部分かやその時々の気候などによっても、お肌の現状は結構変わると言えます。お肌の質は常に同一ではないことは誰もが知っているでしょうから、お肌の現状に相応しい、好影響を及ぼすスキンケアをすることは必要です。
洗顔を行なうことにより、表皮に息づいている有益な働きを見せる美肌菌までも、除去することになるのです。度を越した洗顔をしないようにすることが、美肌菌を留まらせるスキンケアになると指摘されています。

クレンジング以外にも洗顔をする際には、極力肌を擦らないようにするべきです。しわのファクターになるのに加えて、シミも広範囲になってしまうこともあり得るのです。
納豆で知られる発酵食品を食べるようにすると、腸内にいる微生物のバランスが正常に保たれます。腸内に存在する細菌のバランスが乱れるだけで、美肌は手に入りません。この大切な事をを頭に入れておいてください。
肝斑とは、表皮の中でも一番下に位置する基底層を成す色素形成細胞の中にて生み出されるメラニン色素が、日焼けが要因となって膨大化し、皮膚の内に停滞してできるシミだということです。
ホルモンのアンバランスや肌にハリがなくなったことによる毛穴のトラブルを修復したいのなら、常日頃のライフサイクルを顧みるべきです。これをしなければ、高い料金のスキンケアを実施しても好結果には繋がりません。
場所やその時々の気候などによっても、お肌の現在の状況は影響を被るものなのです。お肌の質は均一ではないことがご存知かと思いますので、お肌の状態に応じた、効果を及ぼすスキンケアをすることが絶対条件です。

近年では敏感肌対象の基礎化粧品も増えてきており、敏感肌であるからと言ってお化粧をすることを自分からギブアップすることはありません。化粧をしない状態は、一方で肌がダイレクトに負担を受けることも考えられます。
肌の下の層でビタミンCとして有効な機能を果たす、ビタミンC誘導体が入った化粧水は、皮膚の油分を抑える作用があるので、ニキビの事前防御にも役立つことになります。
くすみとかシミを作る物質に向け効果的な働きかけをすることが、欠かせません。その理由から、「日焼け状態なので美白化粧品で直そう!」という考えは、シミの除去対策として考慮すると結果が見えてしまいます。
ピーリングを実施すると、シミが生じた時でも肌の入れ替わりを助長するので、美白成分が混入された製品に加えると、2つの作用によりこれまで以上に効果的にシミを取り除くことができます。
肌の蘇生が通常に行なわれるように常日頃の手当てに取り組んで、瑞々しい肌を手に入れましょう。肌荒れを抑え込む際に効果のある各種ビタミンを飲むのも良い選択だと思います。

このページの先頭へ